距離感を大切にしたら風俗が楽しくなった時の体験談です。

風俗は距離感が大事

好きなタイプも見えてきた

最近はいろんな風俗のお世話になるようになりました。特定のジャンルや女の子だけを何度もリピートするのではなくて、まだまだ風俗歴が浅いのでもっともっと経験することも大切だなって思えるようになってきたんですよね。だから自分がそこまで興味を持っているって言って断言できるようなものではないジャンルだったり、何となくって感じで選んだりもしているんですよね。この前は包容力のある風俗嬢にデリヘルのお世話になってきたんですけど、デリヘルのおかげで好きなタイプが見えてきたんですよ。それは、あまり気取っていないというかキャラを作っていない女の子かなと。風俗ってキャラを作っている子もいるじゃないですか。それを否定するつもりは全然ないんですよ。むしろその方が男としてはありがたいかなって思える時もあると思うんですけど、巣の女の子の方が何かと楽しいのかなって思えるようになってきたので、それなら初めから素を出してくれるような女の子の方が良いのかなって。

やっぱりいざという時はデリヘル

風俗は利用したいものの、でも何を利用すればよいのか分からないなって時には最近ではデリヘルを頼るようにしています。デリヘルを頼るというよりも、頼みの綱と言った方が良いかもしれません。とりあえずデリヘルを選んでおけば間違いないだろうという安心感というか確信のようなものがあるんですよね(笑)それだけデリヘルに良い思いをさせてもらっているからだと思うんですけど、デリヘルもとにかく選択肢が多いじゃないですか。だからデリヘルにしようって決めても、じゃあそこからどうするのかって話になるんですよね。デリヘルにもいろんなバリエーションがあるんです。ホテルで待っているだけのものもあれば、どこか外で待ち合わせするものもありますしね。ただ、女の子との距離感が近いプライベート感という点では他の風俗よりも段違いのものがあると思うので、それでついデリヘルを頼ってしまうんですけど、でも特に損をしている訳ではないのでそれでいいのかなと(笑)